ブログ

アニメの背景を専門会社に依頼するべき理由とは


アニメにおいて、背景は非常に重要なポイントです。近年は特にアニメの作画に注目が集まっているため、背景が手抜きだと、それだけで作品の評価を落としてしまいます。そのため、30分のアニメでも背景はしっかりと描写しなければいけません。

しかし、アニメの背景制作は、漫画では正確に描写されていない背景の継ぎ足しが必要だったり、全体の構造を把握した上で正しい背景を描写しなければいけなかったりと大変な作業です。

この記事では、アニメの背景の作画方法、背景専門会社に依頼したほうが良い理由、専門会社に依頼する流れなどを紹介していきます。背景専門会社にアニメ背景の依頼を考えている方などは、ぜひ参考にしてみてください。

アニメに必須の背景美術とは    

背景技術はその名前の通り、アニメの背景を描く仕事、あるいはそれを担当する人です。30分のテレビアニメでも、60分以上の劇場版アニメでも、常に背景は描写されています。

当然、その背景は適当に描かれているわけではありません。どんな世界観か、舞台になっているのはどこか、どんな場所にキャラクターが居る場面なのかなど、ストーリーや設定によって必要となる背景は違ってきます。また、朝と夜では同じ場所でも背景が変わるでしょう。

また、背景はあくまで背景であってメインではないので、メインのキャラクターたちを埋没させないように、キャラクターのビジュアルデザインに合わせた色味なども考える必要があります。

そういったさまざまな要素を加味して、キャラクターや作品の魅力を引き出すための背景を用意するのが、背景美術の仕事です。

背景美術についてさらに詳しく知りたい方は、「アニメの背景美術って何?背景美術の制作方法や必要なスキルを紹介」の記事もぜひご覧ください。

30分アニメでどれくらいの背景が必要?

アニメは基本的に30分と短い時間ですが、それでも作るのはとても大変です。30分のアニメ1話分では、およそ300枚前後の背景画が必要となります。1,000枚以上必要なキャラクター原画と比べると枚数は非常に少ないですが、常に全画面に隙間なく表示される背景はサイズが大きく描き込まなければいけない要素が多いです。

1週間で十分なクオリティのある背景を300枚も作画するのは容易ではないので、複数の背景美術スタッフが協力しながら手分けして描き上げています。

アニメの背景の作画方法  

アニメの作画は、現実世界の風景を元にして作画することが多い傾向です。

現実世界の風景を元にして作画する場合はまず、元となる風景写真をさまざまなアングルで撮影し、それをトレースや模写をすることで背景を作画します。こういった方法を取ることで作画に必要なコストが減らせて、パースや構造がめちゃくちゃになる心配もありません。そのため、現実世界を舞台にした背景では、風景写真から作る方法が多く使われるのです。

しかし、世界観によってはこういった方法ができません。ファンタジー世界などの元となる風景のない独自の風景などを作画する場合は、まずは場所や建物の構造を大きく決め、先に描いた背景なども参考素材にしながら、さまざまなアングルの背景を作画していく必要があります。

アニメ背景は専門会社への依頼が安心

昔は、キャラクターを描いている企業が、1つのアニメ制作会社の中でスタッフを分担してアニメの背景も作画していました。しかし、現在ではアニメ背景の重要性が増しており、自社のスタッフのみで背景の作画まで完成させるのが難しいという企業が増えたのです。ここでは、専門会社に依頼した方が良い理由について、紹介します。

アニメの背景は高いクオリティが求められる

視聴者がアニメの作画に対して要求する品質は、昔と比べて非常に高くなっています。それは背景も例外ではありません。キャラを際立たせるために、あえて背景が目立たないように描くのは演出として有効ですが、その演出が多用されれば背景が手抜きなアニメとして見られてしまうでしょう。

現在のアニメにおいては、キャラクターの作画と同じく、背景も作品の評価を左右する重要な要素です。実際に、背景の綺麗さが注目されたアニメも少なくありませんし、背景に注目して聖地巡礼を行うファンもいます。背景にも高いクオリティが求められる今、背景の作画を他の作画スタッフの兼業で済ませるのは難しいでしょう。

ほとんどの企業が専門業者に発注している

視聴者に求められているレベルのアニメ背景をきちんと作画できるスタッフを、納期に間に合うような人数で用意するのは非常に大変です。コストも掛かりますし、必要な人材を思うように集められないこともあるでしょう。

そのため、現在のアニメ業界では、ほとんどの企業が背景の専門業者に発注して背景を用意してもらっています。これは、背景スタッフを雇用するのが難しい中小企業だけではありません。自社で人材を用意して制作の時間と手間をかけるより、外部に委託したほうがスムーズに進められるため、大手企業も同じように背景の専門業者に依頼しているのです。

アニメ背景を専門会社に依頼するメリット

アニメ背景は専門会社への依頼が安心と紹介しましたが、アニメ背景を専門会社に依頼することで、他にどんなメリットが得られるのでしょうか。ここでは、アニメ背景を専門会社に依頼するメリットを4つ紹介していきます。

  • クオリティが保証される
  • 背景の枚数が多くても対応してもらえる
  • 背景制作の人手がいらなくなる

順番に見ていきましょう。

クオリティが保証される

背景専門会社はアニメ背景制作のプロが作画を行っているため、視聴者にも満足してもらえるような背景を制作してもらえます。現実世界を舞台にした作品でも、ファンタジー世界を舞台にした作品でも背景に対応してもらえるため、アニメの世界観を視聴者に明確に伝えられるでしょう。特に、現実世界の風景を元にして作画できないファンタジーな世界の背景作画は難しいので、プロに高いクオリティで制作してもらえるのは大きなメリットといえます。

背景の枚数が多くても対応してもらえる

自社で背景を制作しようとすると、どうしても制作に手間がかかることや人材が不足していることなどが原因で、背景にあまり時間を割けないという企業は少なくありません。そのため、背景の枚数が多いと対応しきれない場合も出てきてしまいます。しかし、背景専門会社に依頼すれば、背景の枚数が多くても対応してもらえるのです。

アニメの展開的にどうしても背景の枚数が必要という場合もあるでしょう。そういったときには、背景専門会社に依頼するのがおすすめです。

背景制作の人手がいらなくなる

アニメ背景の制作を背景専門会社に依頼できれば、背景制作の人手が必要なくなります。そのため、人件費や教育にかける時間などを削減することが可能です。キャラクターのイラスト制作に割ける時間やコストが増えれば、背景と同時にキャラクターの作画クオリティの向上も期待できるでしょう。

アニメの背景を会社に依頼するときの流れ

アニメの背景を外注して用意するなら、当然専門会社に依頼をしなければいけません。では、依頼はどのような流れで行うのでしょうか。企業によってどのような流れになるかは多少違いがありますが、基本的に依頼から完了までの流れは下記のようになります。

  • 依頼
  • 見積もり
  • 制作
  • 完成・修正
  • 納品

それぞれの工程について、詳しく見ていきましょう。

依頼

まずは、背景の制作会社に電話を掛ける、もしくはWEBサイトの申し込みページから依頼をするところから始まります。

このときに、どのような背景が何枚必要か、背景の雰囲気などの参考になるような画像があるかなどを伝えておきましょう。依頼者の指定がない限り、参考画像をそのまま背景作画に利用することはないので、ネット上で見つけた画像を参考画像として提示しても問題はありません。

見積もり

どういった媒体のアニメで、長さは何分か、背景のサイズはどれくらいか、データをどのような形式で納品するかなど、詳しくヒアリングを行い、具体的な依頼の内容を詰めていきます。

この段階で、必要な予算や制作スケジュールを決定します。ヒアリングで伝えておくべき情報に漏れがあると、完成品が求めていたものと違うなどの大きな問題が起こってしまうので注意しましょう。そういったトラブルが起こらないよう、詳細に話し合って見積もりを出すのが重要です。

制作

見積もりに同意して、依頼が契約されたら制作開始です。背景制作会社は設計図にあたる線画を描き上げ、必要に応じて修正やリテイクをしながら美術設定を作っていきます。

美術設定ができたら、世界観やキャラの配色を考慮して色味を決定してから背景の設定や詳細などを詰めて美術ボードを作成します。完成した美術ボードから原画を作り、それらを元に各スタッフが背景の作画作業を行うというのが、制作の大まかな流れです。

完成・修正

背景が完成したら、確認作業です。この際に気になることがあれば、修正やリテイクを行って終わり次第また確認という流れになります。見積もり段階での指示がアバウトだと、この段階での修正やリテイクが多くなりやすいです。

背景のイメージやサイズなどの要点を見積もり段階でしっかり詰めて、修正案も具体的に伝えれば、スムーズに完成するでしょう。

納品

修正がなくなって完成したら背景の納品です。見積もり段階でサイズの指定や適切な納品形式の指示を行っていない場合、この段階に来て背景サイズの問題が発覚したり、撮影の段階で余計な手間が掛かるといった問題が起こる可能性もあるので、注意してください。

依頼や見積もり段階でサイズや形式も決めておけば、問題なく納品できます。サイズや形式に詳しくないという方は、事前に用途に合わせたサイズなども相談しておくと良いです。

アニメ背景を専門会社に依頼することを検討している方は、「高クオリティのアニメ背景を制作してくれる会社は?」の記事も参考にしてみてください。

アニメの背景制作に関するよくある質問

ここからは、アニメの背景制作に関するよくある質問を紹介していきます。背景制作の依頼にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 3D背景にも対応してもらえる?
  • 背景を依頼するときの適正なサイズは?
  • 背景をループさせることはできる?
  • 写真のレタッチから背景を作れる?

順番に解説していきます。

3D背景にも対応してもらえる?

3D背景に対応しているかどうかは背景制作会社によって異なります。自社で制作可能という企業もあれば、協力会社と一緒に制作しているという企業もあるので、3D背景の制作をお考えの場合は、依頼する段階で必ず相談しておくようにしましょう。

CreativeFreaksでは、3D背景は協力会社様と共同で制作しております。共同での制作でも可能という案件でしたら、お気軽にご相談ください。

背景を依頼するときの適正なサイズは?

アニメ背景は、使用用途や公開する媒体によって適正なサイズは異なります。特に、近年ではテレビや映画だけでなく、スマートフォンやパソコンで見てもらうことを前提としたアニメPVなども増えているため、適正サイズに違いが生まれやすいのです。

適正なサイズが分からないという方は、CreativeFreaksにご相談ください。要件を詳しくお伺いして、アドバイスさせていただきます。

背景をループさせることはできる?

上下や左右でループする背景を作りたいという人もいるでしょう。背景専門会社にループする背景の依頼はできますが、簡単なデザインのものであればPhotoshopの機能を使って自分で作ることも可能です。

Photoshopでループ背景を作る流れは下記の通りです。

まずはループさせたい背景を選びます。画像の中の一部をループさせたい場合は、使用したい範囲に切り抜きをしましょう。背景が決まったら、切り抜いた背景をシームレスにするために、「フィルター」タブから「その他」を選択して、「スクロール」から「スクロール設定」を開きます。スクロールの設定をして「ラップアラウンド(巻き戻す)」を選択すれば、ループ背景の完成です。

しかし、これはシンプルなデザインのテクスチャなどをループさせる方法なので、少し複雑な背景をループさせたいという場合には、背景専門会社に相談してみると良いでしょう。

写真のレタッチから背景を作れる?

自分が持っている写真を元に背景作成を依頼したいという人もいるかと思いますが、背景専門会社に写真のレタッチから背景を作成してもらうことは可能です。複数の写真を組み合わせて1枚のイラストにする、フォトバッシュという技法があります。コラージュに近い方法ですが、写真をほぼそのまま使用するコラージュとは異なり、フォトバッシュはデジタルでの加工技術を駆使して違和感のないように自然にデザインすることが可能です。

しかし、フォトバッシュによる背景制作を依頼したい場合は、必ず写真の著作権や商標権を確認しておくようにしましょう。フリー素材でもサイトの規約次第で使えないということもあるので、自分で撮影した写真や友人知人が撮影してもらって使用の許可を取った写真などを利用すると良いです。

アニメの背景制作ならCreativeFreaks

アニメの背景美術にお困りの方は、ぜひCreativeFreaksにご相談ください。CreativeFreaksは、人気テレビアニメやアニメ映画、OVA、PVなど、さまざまな作品で背景美術を請け負ってきた実績があります。アニメ背景を外注できる企業をお探しなら、ぜひCreativeFreaksまでお問い合わせください。

アニメ背景の制作実績

CreativeFreaksは、テレビアニメからアニメ映画、WEBアニメまで、さまざま背景制作実績があります。CreativeFreaksの背景美術・イラスト制作事業の主な実績は下記の通りです。

【テレビアニメ】

  • その着せ替え人形は恋をする
  • SPY×FAMILY
  • パリピ孔明

【アニメ映画】

  • ONE PIECE FILM RED
  • 鬼滅の刃 無限列車編
  • 天気の子

【WEBアニメ・PV】

  • ブルーアーカイブ
  • オルタンシア・サーガR
  • Artiswitch

このように、さまざまな作品に携わってきた経験がございますので、「こんな背景にしてほしい」といった要望にも対応可能です。高いクオリティのアニメ背景を用意したいという方は、ぜひお問い合わせください。

まとめ

アニメの中心にはなりませんが、キャラや作品の魅力を引き出し、作品の評価にも影響を与える重要な要素が背景です。

近年では背景に求められる品質も高まっており、その品質を保とうとすると、自社のクリエイターだけで制作するのは難しいでしょう。高いクオリティの背景を作画するなら、外部の背景専門会社に依頼するのがおすすめです。

CreativeFreaksでは、お見積もり・お問い合わせを無料で行っているので、アニメの背景美術にお困りでしたら、ぜひお問い合わせページからご相談ください。

関連記事

ページ上部へ戻る