ブログ

高クオリティのアニメ背景を制作してくれる会社は?


「アニメ背景を制作したいけど自社制作では限界がある」「自分でアニメを作りたいけど背景を描く技術はない」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。近年はアニメの注目度も上がっており、それに合わせて背景にも高いクオリティが求められるようになりました。

そんな中で視聴者を満足させる背景を用意するためには、背景専門会社に依頼するのがおすすめです。この記事では、アニメ背景制作やアニメ背景制作会社について詳しく紹介していくので、参考にしてみてください。

現在アニメの注目度が上がっている

有料の動画配信サービスを利用している人も多いと思いますが、その中でもアニメは人気の高いコンテンツの1つです。日本のアニメは世界でも高く評価されており、世界中のユーザーがさまざまな作品を視聴しています。

子どもだけではなく大人も楽しめる作品も多数あり、10年以上にわたって放送が続けられている人気シリーズも存在しているほどです。また、毎年新しい作品が次々と生み出されており、近年は特に老若男女問わず楽しまれています。インターネットが普及しエンターテインメントの分野がグローバル化していく中で、アニメの注目度はますます上がっていくでしょう。

アニメ背景にも高いクオリティが求められるように

アニメーションに使われる技術は年々進化しており、昔の作品と今の作品を比べてみると映像が飛躍的に美しくなっていることが分かります。それに伴い、アニメの背景にも高いクオリティが求められるようになりました。

背景はキャラクターのように目立つところではありませんが、リアリティを左右する重要な要素です。細部まで作り込まれた背景だとリアリティが生まれ、よりその世界観に浸りやすくなります。最近ではアニメ映画のヒットにより、背景美術の美しさやアニメの舞台となった場所が注目されたこともありました。アニメやゲームの聖地巡礼が起こるのは、クオリティの高い背景美術によるものです。

アニメの背景美術について詳しく知りたい方は、「アニメの背景美術とは?背景美術の制作方法や必要な環境などを解説」の記事をご参照ください。

アニメ背景制作なら背景専門会社への依頼がおすすめ

アニメの背景制作を依頼したいときは、背景専門会社に依頼するのがおすすめです。アニメの制作会社は文字通り、背景を専門に描く会社のことをいいます。背景専門会社は、背景を描いてきた実績が豊富で背景技術に特化したスキルを持っているため、クオリティの高い背景を制作してくれます。自社での背景制作が難しいなど、アニメ背景制作にお悩みの方は、背景専門会社への依頼を検討してみると良いでしょう。

アニメ背景専門会社へ依頼したい方は、「アニメ背景美術会社に依頼するときの流れとよくある質問」の記事も参考にしてみてください。

日本国内でのアニメ背景技術は高い

日本はアニメ産業が盛んで、多くの人がアニメ制作に携わっています。一言でアニメといっても学園もの、ファンタジー、SF、青春、ロボット、コメディなど、そのジャンルは多種多様で、背景もそれに合わせた表現方法や作画の手法などが編み出されてきました。アニメ制作を担う人材を育てるための学校などもあり、クオリティの高い背景を描くスキルを身に付けている人も数多くいます。そういった事情もあり、日本のアニメ背景技術は高いといえるでしょう。

日本のアニメ背景制作の問題点

アニメ産業の市場そのものは拡大していっていますが、日本のアニメ背景制作の現場には問題もあります。それは背景制作を担う人材が足りないということです。制作されるアニメの作品数自体は増えていますが、背景美術は元々慢性的な人手不足といわれているため、背景を描ける人材が大幅に増えないとその問題が解決するのは難しいでしょう。

日本での人材不足は変わらない

日本で背景を描く人材が不足している理由としては、どうしても背景は地味という印象になってしまうことが挙げられます。アニメ制作を志す人は、動きがあるキャラクターを描きたいという人が多いです。

そのため、第一線で活躍する実力のあるクリエイターが高齢化し、人材の空洞化が起こってしまっています。国外への発注が増えて国外に依存している形になっていることも影響し、日本人クリエイターは少なくなっているのです。海外のクリエイターが活躍してスキルも上がってきていることから、日本のアニメといえど海外で作成された背景美術は多く、日本のアニメ制作は海外のクリエイター達に支えられているといっても過言ではありません。

背景美術の現状については、「安心できる背景美術会社をお探しの方へ。背景作成の現状」でも紹介しているので、気になる方はそちらもご参照ください。

有名な企業に集中してしまっている

日本には、世界的に名前が知られたアニメ制作会社も多数あります。子どもの頃にワクワクしながら見ていたアニメや深く感銘を受けた作品があるという人も多いと思います。昔見ていた自分が大好きなアニメを制作する会社で働きたいと思う人も多く、有名企業に人材が集中してしまいがちです。名前の知られたアニメ制作会社には入社希望者が殺到するけれど、そうではないアニメ制作会社はいつも人手不足に悩んでいるということも珍しくありません。

人材不足は今後も続くことが考えられ、海外の背景美術クリエイターの育成もより力を入れて行われることでしょう。人材が集まる大手企業でも、日本製アニメの日本国外への依存率は約90%と高く、日本純国産でのアニメ作成はとても大変なのです。

海外にアニメ背景制作を依頼するメリット

「国内でしか綺麗な背景が描けないのでは」と思う方も少なくないでしょう。しかし、今は海外でも高いクオリティの背景が期待できるのです。ここでは、海外にアニメ背景制作を依頼するメリットについて見ていきます。

海外での背景美術レベルは上がってきている

海外にアニメの背景を依頼する際に、背景のクオリティが心配という人もいるでしょう。

しかし、日本のアニメ背景美術を描くクリエイターの人手不足などから、海外にアニメ制作の一部を発注するというのは1970年代からありました。ですが、1980年代からは海外の経済成長により人件費を抑えられるメリットが無くなってしまったため、海外に拠点を作るアニメ制作会社が増えてきたのです。これまでアニメ背景の制作を行ってきた実績があり、日本からのニーズに応える中でその背景美術のレベルは上がってきています。

実際にCreativeFreaksでも、ベトナムのホーチミン、タイのバンコクに制作拠点を持ち、高品質な背景美術の大量生産が可能な体制を整えております。

インターネットで簡単にやりとりができる

以前までは、現代日本を舞台にしたアニメなどは日本の風景に忠実である必要があるため、国内のクリエイターのほうが精密で高クオリティな背景を描けるという印象がありました。

しかし、現在はインターネットで簡単にやりとりができるため、写真や動画を送付したりオンライン上で打ち合わせをしたりしながら簡単にイメージが共有できるようになっています。インターネットで検索すれば街の風景なども調べられますし、海外での背景制作も難しくなくなったのです。こういった事情からも、アニメ背景の海外発注はより多くなってきています。

海外にアニメ背景制作を依頼するデメリット

海外にアニメ背景制作を依頼した場合に、現地のスタッフとうまくコミュニケーションがとれないと悩んだことがある方もいるのではないでしょうか。言葉の壁もあり、通訳を介して打ち合わせを行うときに微妙なニュアンスを伝えるのが難しかったりします。また、文化や習慣の違いなどもあり、伝えたいことをきちんと伝えられないといった問題が生じることもあります。それにより、作業がスムーズに進まない、修正する作業に時間がかかるといったデメリットがあるのです。

今はデメリットも解消しつつある

海外にアニメの背景制作を依頼するとコミュニケーションを取りにくいというデメリットがあると紹介しましたが、今はそういった問題は解消しつつあります。

日本のアニメが昔に比べると広く浸透したこともあり、文化や習慣の違いについて最初から知識として身に付いているケースが増えました。また、インターネットでWEB会議などもしやすくなっていることから、何か問題があっても直接話し合える環境が整っています。密に連絡が取り合える環境になったため、以前はデメリットとして捉えられていた問題が解消しつつあるのです。

アニメ背景制作会社ならCreativeFreaks

アニメの背景制作を依頼したいときには、ぜひCreativeFreaksをご検討ください。CreativeFreaksはアニメの背景美術を専門的に手掛けており、劇場アニメなどを含めた幅広いジャンルの作品を制作してきた実績があります。

先ほども少し紹介した通り、ベトナムのバンコクやタイのホーチミンなどに拠点を構えています。厳選した人材のみをアサインしており、依頼者のニーズを正確に汲み取った質の高い背景を作り出すことが可能です。

背景制作事例①アニメ映画の背景美術

CreativeFreaksでは、さまざまなアニメ映画の背景美術の実績があります。2021年には、劇場アニメ「映画大好きポンポさん」や「映画トロピカル―ジュ!プリキュア雪のプリンセスと奇跡の指輪!」「サマーゴースト」「フラ・フラダンス」など数多くの作品の背景を手掛けました。「フラ・フラダンス」は、日本映画批評家大賞のアニメーション作品賞を受賞したアニメです。2019年には新海誠監督の「天気の子」、2020年には社会現象も巻き起こした「鬼滅の刃 無限列車編」の背景美術も手掛けています。

背景制作事例②テレビアニメの背景美術

CreativeFreaksでは、テレビアニメの背景美術も多数担当しております。2022年には、大きな話題となっている「SPY×FAMILY」や「パリピ孔明」の背景美術を手掛けました。その他にも、NETFLIXのTVアニメ「パシフィック・リム暗黒の大陸」や「その着せ替え人形は恋をする」「SDガンダムワールドヒーローズ」「東京24区」など、さまざまな作品で背景を制作してきた実績があります。

背景制作事例③テレビCM・PVなどその他映像作品

CreativeFreaksでは、映画やテレビアニメ以外にもCMやPVなどの映像作品も手掛けています。スポーツドリンクとして有名なポカリスエットのCM、大人気ゲーム「ポケットモンスター」シリーズのWEBアニメ「薄明の翼」の背景美術なども担当いたしました。

その他にも、松田聖子さんの曲を人気声優がカバーした「VOICE~声優達が歌う松田聖子ソング~」というリリックビデオ内に使われているアニメの背景、スマートフォン向けのゲームアプリ「テイルズオブルミナリア」や「テイルズオブアライズ」のゲーム内アニメーション用背景美術制作なども行っております。

まとめ

アニメの注目度は世界的にも高まっており、背景美術にもクオリティが求められるようになりました。背景美術を依頼したいときには背景専門会社がおすすめですが、日本では慢性的な人材不足があり請け負ってくれる制作会社が見つからないこともあります。

そういったときには、海外にも拠点を置いているアニメ制作会社への依頼を検討してみると良いでしょう。高品質な背景美術を迅速に大量生産してくれるため、背景制作依頼で困ることが少なくなるでしょう。CreativeFreaksは海外に拠点を持つアニメ背景制作会社です。アニメ背景の制作にお悩みの方は、ぜひこちらからご相談ください。

関連記事

ページ上部へ戻る