ブログ

京都のアニメ制作会社の求人に応募する前に知っておくべきことを紹介


日本のアニメは世界でも高く評価されている作品が多く、日本の文化の一つともいえます。そのようなアニメ作品に携わりたいと思う人も少なくありません。しかし、アニメ制作を仕事とするなら、家から通える距離であることも大切ですよね。

この記事では、京都のアニメ制作会社の求人に応募したい人のために、アニメ制作会社の主な仕事や京都のアニメ制作会社に応募する前に必要な準備などを解説していきます。

アニメ制作会社の主な仕事

アニメを制作する工程には、さまざまな作業があります。すべて一人で行うのではなく、それぞれの作業を分担し、担当ごとに作業を行うことでアニメが完成していきます。では、具体的にどのような流れでアニメが完成するのか、アニメ制作会社にはどのような仕事があるのかを一つずつ見ていきましょう。

作画

アニメ制作会社について詳しく知らない人でも想像しやすいのが、作画という仕事ではないでしょうか。分かりやすくいうと、キャラクターなどのイラストを描く仕事です。

作画の仕事は、原画を描く人と動画にする人に分けられます。原画は、絵を描いてキャラクターに動きをつける人です。原作に合わせたキャラクターの設定画を作ったりキャラクターに動きをつけていったりするので、キャラクターをメインに描きたい人に向いています。

動画は、原画が完成した後にさらに細かく演技をつけるという仕事です。より動きのあるアニメにしていく部門です。

背景

背景は文字通り、アニメの背景を描く仕事です。背景と聞くと、少し地味な印象があるかもしれません。しかし、アニメにおける背景は、アニメの世界観を生み出すとても重要な役割を果たしています。特にセンスが必要とされていて、視聴者をアニメの世界観に引き込める背景に仕上げなければいけません。

また、背景からキャラクターの心情などがより引き出される場合もあるので、キャラクターや各シーンにおける理解も必要です。近年は、背景で3DCGが用いられることも増えており、より美しく臨場感のある背景が作れます。

演出/CG

演出は、キャラクターの服や小物などの配色や質感を指定したり、特殊効果を取り入れたりして各シーンをより深みのあるものに仕上げていく仕事です。視聴者からのキャラクターの印象を左右する大切なポジションとなります。

また、CGでは、CGデータの撮影や合成、モデリング、アニメーションなどを行います。近年では、CGで作成するアニメも増えてきているので仕事の幅が広く、今後の活躍も期待できる仕事です。

アニメ制作会社の求人で求められているスキルは?

アニメ制作会社の求人に応募したい場合、どのようなスキルが求められるのでしょうかここでは、アニメ背景会社で求められているスキルについて解説していきます。

画力

アニメを作る仕事なので、当然画力が求められます。作画や背景などで求められるスキルは多少異なりますが、画力が必要なのはどの業務でも同じです。

作画や背景など、自分の働きたい仕事に合わせた画力を身に付けておくと、アニメ制作会社に応募した際に採用されやすくなるでしょう。

また、アナログで絵が描けるのはもちろんですが、デジタルツールを用いて絵を描く能力も求められます。

デジタルツールの知識

これまでのアニメ制作では、鉛筆や色鉛筆、作画用紙などを用いて作画業務が行われていました。しかし、アニメ制作のデジタル化が進んだことで、これらのアナログな手法を使わないで制作しているアニメが増えています。

そのため、作画の技術だけがあっても、デジタルツールの知識がなければ即戦力とみなされない場合もあるのです。「Photoshop」などのデジタルツールの使用に慣れていると、即戦力として判断されやすくなるでしょう。

また、デジタルツールは液タブや板タブを用いて作画するため、液タブや板タブの使用にも慣れておくようにしてください。

アニメへの熱量

こちらも当たり前のことですが、アニメへの熱量がないとアニメ制作会社で働くのは難しいです。どうやってアニメをより良い作品にしていくか、原作のファンに満足してもらえるような作品にするにはどのような点にこだわれば良いのかなど、細かいところにも気を配れるようなアニメへの熱意がなければクオリティの高い作品にできません。アニメ制作会社で働きたい場合は、「アニメが好き」という熱意もアピールしましょう。

京都のアニメ制作会社の求人に応募する前に必要な準備は?

京都のアニメ制作会社の求人に応募する際に、まず必要な準備がポートフォリオの作成です。ポートフォリオとは、これまでにどのような絵を描いたのか、自分にはどれだけのスキルがあるのかをアピールするための作品集です。

アニメ制作会社は即戦力を求めていることが多いので、採用にはポートフォリオが大きく影響します。アニメ制作会社の求人に応募する前には、必ずポートフォリオを用意しておきましょう。

良いポートフォリオを作成するためのポイントについては、「背景美術の求人はどこを見れば良い?確認しておくべきポイントを紹介」の記事をご参照ください。

京都のアニメ制作会社の求人に関するQ&A

京都のアニメ制作会社の求人に応募したいと考えている方の中には、「どんな人物が求められているのか」、「学歴などの条件はあるのか」などの疑問を抱えている人もいるのではないでしょうか。ここでは、京都のアニメ制作会社の求人に関する質問にまとめてお答えしていきます。

求められる人物像は?

求められるスキルでも述べましたが、アニメ制作会社に求められるのは、アニメが好きで自分でアニメを作ってみたいと考えている人です。この気持ちがなければ、アニメ制作会社に長く勤務することは難しいでしょう。

また、アニメ制作では、さまざまなアイディアを出していかなければいけません。制作は期日もあるので、期限までに仕上げるために体力や忍耐力も使います。アシスタントの場合は、雑用も指示されることが多く、すぐに直接アニメ制作に携われないという場合もあるでしょう。そのような中でも続けていくには、アニメが好きだという気持ちがとても重要になってくるのです。

必要な学歴は?

アニメ制作会社では、美術系の専門学校や美術系の大学・短大を卒業している人が条件となっている制作会社が多いです。高卒の場合は、アシスタントアルバイトとして勤務して、それから契約社員や正社員を目指していくこともできるでしょう。アニメ制作会社では、どの部署に所属するのかでも必要となる学歴が変わってきます。

アルバイトからアニメ制作の仕事に就きたいという方は、「アニメの背景美術会社でアルバイトとして働くのに求められるスキルとは?」も参考にしてみてください。

求人に応募できる年齢は?

アニメ制作会社の年齢制限は、各制作会社で異なります。未経験であれば20代までという制限がかけられている企業が多く、経験やスキルがあれば40代でも採用してもらうことは可能でしょう。また、業務委託というスタイルであれば、年齢関係なく雇用されるケースが多い傾向です。

京都のアニメ背景制作会社ならCreativeFreaks

京都でアニメ背景の求人をお探しなら、ぜひCreativeFreaksをご検討ください。CreativeFreaksでは、世界的に大ヒットとなった映画「鬼滅の刃 無限列車編」や「天気の子」の背景などを制作しています。

美術監督

背景美術スタッフは、アニメやゲームなどの背景原画、美術制作を担当します。詳細は以下の通りです。

雇用形態:契約社員、正社員、業務委託契約

勤務時間:10:00~19:00

休日休暇:土・日・祝日、年末年始など

その他、応募資格として、20歳以上であること、背景画を独学あるいは大学などで履修していること、Adobe Photoshopの知識や経験を有していることなどを条件としています。また、アニメの背景美術原画の実務経験者や、3DCGの制作経験者は歓迎しておりますので、お気軽にご連絡ください。

アルバイト

アニメの背景美術制作に関してのアシスタントも募集しています。

雇用形態:学生インターン、アルバイト

勤務時間:10:00~18:00

休日休暇:土・日・祝日、年末年始など

応募資格は、18歳以上で、Adobe Photoshopの使用が可能な人となっています。実務経験は問いませんが、背景画を独学あるいは大学などで履修した方は歓迎しております。

まとめ

アニメ制作は、主に作画・背景・演出/CGの3つの仕事に分かれています。どの仕事でも画力やデジタルツールへの知識などが求められるので、求人に応募する際には、自分が今どのくらいのスキルを持っているのかをアピールするために、ポートフォリオを提出するようにしてください。

また、アニメ制作会社は、アニメが好きで自分でアニメを作ってみたいと考えている人を求めているため、面接の際にはアニメへの熱意も伝えるようにしましょう。

背景の仕事に興味がある、京都のアニメ背景制作会社の求人に応募したいという方は、ぜひCreativeFreaksを検討してみてください。CreativeFreaksの詳しい求人情報は「採用情報」からご確認いただけます。

関連記事

ページ上部へ戻る