【としおのアプリレビュー】寂しがり屋な貴方に。【ヤンデレ彼女】をやってみた!

ヤンデレキャッチ

 

こんにちは!皆さんゴールデンウィークはどう過ごされたでしょうか?

僕はただゴロゴロしてただけになりました!としおです。

次の祝日は7月ですってー!!!勘弁してください…。

 

【ヤンデレ彼女】


さて第7回の今回は【ヤンデレ彼女】を紹介したいと思います!

iOSアイコン   アンドロイド

※左がiTunesのアイコン、右がGoogle Playのアイコンです。

アイコンというのっけからヤンデレ感満載でございます。しかし見た目で全てを決めてはいけませんよ!

こんな感じですが、もしかしたらデレデレかも知れないじゃないですかっ!

というわけで、ヤンデレ…かもしれない可愛い女の子とのラブラブライフ開始です。

 

タップで感じるあの子の気持ち


彼女となる女の子の名前は【遠野 柚奈】ちゃん!

柚奈ちゃんプロフ

プロフィールはご覧のとおり!ぴちぴちの17歳!たまらんですなー。

そんな柚奈ちゃんをタップする事で、話かけてくれます!

完全フルボイスです!!

柚奈ちゃん1

もちろん【ヤンデレ彼女】ですから、普通にラブラブな会話~(はぁと)なんて事はありません。

もしかしたら…とか言って煽りましたが、残念。そんな事はありませんでした。残念…。

 IMG_1700      IMG_1699

話しかけていくと、たまに選択肢が出てくる事もあります。

回答によっては、柚奈ちゃんとの親密度が上がったり下がったり。

 親密度_高     親密度_低

今どれくらいの親密度なのかは右上のハートで確認する事ができます。

良い場合はピンク。悪い場合は青になります!

色々問いかけが飛んでくるので、その都度しっかりと反応してあげましょう!

 IMG_1697

会話する事で、ボイスコレクションが増えていきます。

1度聞いたボイスは、その後いつでも聞くことができるので

お気に入りのヤンデレボイスがあれば、再生しまくって柚奈ちゃんの愛を感じてください。

「あはははは!!」から始まるボイスがあるのですが、僕はそれがいい感じにヤンデレ感が出ていておすすめです。

 IMG_1706     IMG_1703

朝から晩まで柚奈ちゃんの愛を感じたいぜって方には

「アラーム機能」もおすすめです!朝から柚奈ちゃんの愛を感じる事ができますよ!

ただし行ってあげないと○られるので気を付けてください!!

 

愛を…!愛を感じるぞー!!!


会話の節々や表情から、柚奈ちゃんから伝わる愛を感じます。

IMG_1704

この目とか、特にいいですよね!!!辛抱たまらん!!

会話によっては、この様に柚奈ちゃんの表情が変わったりします。

ただタップするだけかよー。なんて侮ってると刺されますよ。(柚奈ちゃんに)

 IMG_1691

また起動の間隔が大きいと、何してたの?なんて

何もなかったとしてもギクっときてしまうような問いかけも来ます。現実でもありますよね。何もないのにギクつくこと。

しかも、もちろんあんな目やこんな目で言われます。あは…あははは…。

だがそれがいい!!

僕も正直ヤンデレとか無理やわー。あの目で見られるとか恐ろしいわー。

なんやったら、もしかしたら刺されるんやろ?勘弁してほしいで兄ちゃん!とか思ってました。

 柚奈ちゃん

しかし今はどうでしょう。柚奈ちゃんと会話し、ふれあい、愛を感じる事で

あれ?ヤンデレって以外とかわいくね?ありかもしれん…と思うようになりました。

やはり可愛いは正義です。誰にも勝てません。圧勝。

 

まとめ:可愛いは正義です。


何度も言いますが、可愛いは正義なのです。海外の方もKawaii!はご存じな位ですからね。すごいですよ。

ヤンデレな彼女もいいなー。自分をとことん愛してくれてるところがかわいいぜ!

 タイトル

なんて思ってしまう【ヤンデレ彼女】を今回は紹介させていただきました。

まだ【ヤンデレ】に懐疑的な方も、既に大好物の方もプレイしてみてはいかがでしょうか?

また休日やこのゴールデンウィーク、ゴロゴロしてただけだぜ…という人は1度ヤンデレを味わってみてはいかがでしょうか?

興味を持たれた方は以下のアイコンより、ダウンロードしてね!じゃないと…(はぁと)

btn_google btn_apple

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

Toshio

Toshioライター

とあるゲーム会社でスマートフォンアプリのプランナーをしているとしおです。主にスマホ関連のレビュー記事や自前の企画をここで発表していきたいと思っています。誰か一緒にゲーム作ってください!!ちなみに、最近ダイエットとして筋トレと縄跳びを始めました!

この著者の最新の記事

関連記事

Languages

ページ上部へ戻る