【としおのアプリレビュー】あの日の思い出を取り戻す【ぼくらの秘密基地】をやってみた!


 

学生時代の夏休みが恋しすぎて、溶けてしまいそうな気分の

Creative Freaks ブログライターのとしおです!こんにちは!

小学生時代は、家族と海に行ったり、友達と学校区内を走り回ったりと

毎日が冒険の様な日々を過ごしていたのが本当に懐かしいです。

 

ぼくらの秘密基地


さて、第14回の今回は、そんな懐かしい夏の日々を思い出させてくれる

COCOSOLA Inc.さんの『ぼくらの秘密基地』

を紹介させていただきます。

COCOSOLA Inc.さんは、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、

『アルパカ兄さん』など、独特の世界観が持ち味のアプリを数多くリリースされています。

 ぼくらのアイコン

カブトムシが夏らしさを。ツリーハウスや、望遠鏡が、”秘密基地”らしさを表現していて

小学生だったあの頃を思い出させてくれるアイコンです。

にしても、このカブトムシでかい!

友達に見せたら、その夏のヒーロー間違いなしの大きさです!

 

みんなで作る『秘密基地』


小学生の特に男性なら、1度は秘密基地を作ったり、

作ってみたいなーと思った事がある人が多いのではないでしょうか…?ちなみに、僕はそうでした。

このゲームは、小学生最後の夏。友達と“危ないからから入るな!”と言われている森

大人には内緒で秘密基地を作っていく過程を追体験できるようになっています。

“危ないから入るな!”ってのがまたいいですよね!それだけでなんだかワクワクしてしまいます!

 IMG_2193

基本の操作は資材を集めて、秘密基地を組み立てるだけ!

右下の『集める』ボタンを押すと、子供たちの様な黒い影が

秘密基地作成に必要な資材を集めに出かけます。

 集める

2人ほど、働いていないやつが居ますが、

働きアリの法則ってとこでしょうか、居ますよね。こういう子!笑

資材集めは、ストーリーが進んで行ってもすぐ集め終わるので、

夏休みの宿題がある方は、宿題しながら息抜きに遊ぶといいかもしれません!

算数の問題5問解いたら!とかね。

 集め中

資材が集まったら、さっそく秘密基地作成に取り掛かりましょう。

同じように右下のボタンが今度は『作る』になっているのでタップして進めます。

まずは、はしごからです!木登りをするより安全ですからね!

進捗度が100%になる毎に、その記録が日記に記入されていきます。

 IMG_2198     IMG_2199     IMG_2200

そして、木の上に足場を組んで

みんなでワイワイ宴会の様に騒いだり。

 IMG_2209

みんなが遊べるように、ブランコを取り付けていきます。

※この様なブランコの遊び方は大変危険ですので、よい子はマネしないようにお願いします。

IMG_2210     IMG_2212

ソファーやドラム缶風呂なんかを置いちゃったりして、

最早ちょっとした別荘の様です。羨ましい!

IMG_2213      IMG_2215

こんな秘密基地、大人でもなかなか作れないんじゃないでしょうか?

この子たち、凄まじい行動力と実践力です!

そんなこんなで、秘密基地は少しずつ完成していきます。

そう途中までは、ね…?

 IMG_2214

この先どうなるのかは、是非プレイして確かめてみてください。

 

あの日の思い出を甦らせてくれる。


このアプリは、誰しもが1度は経験した事のある思い出の『夏休み』というシチュエーションと、

『秘密基地を作る』という憧れや思い出が詰まったものを題材にしているため、

「どんなゲームだろう?ちょっと遊んでみようかな?」と思わせてくれ、

アイコンで、『お!秘密基地っぽい!』とよりゲームプレイへ引きずり込まれていきます。

 ぼくらのアイコン

そしてゲームを実際に始めると、夏休みであることがわかるよう

背景や秘密基地の土台となる木には、夏らしく降り注ぐ木漏れ日、青々とした木の葉が描かれています。

 IMG_2197

また画像ではお伝えする事ができないのが残念ですが、

『森の中で秘密基地を作っている』と思わせるために

セミの鳴き声だけではなく、遠くに聞こえる鳥の声が入ったBGMが流れています。

また黒い影の子供たちが、暑い中元気に走りまわり、資材を集めたり、

みんなでワイワイはしゃいでいる姿は、どこか自分の少年時代を思い出し

感傷に浸ってしまう事間違いなしです!

 IMG_2204     IMG_2211

そんな子供時代の『夏休み』というシチュエーション、思い出が、

まず『遊んでみようかな?』と思わせてくれます。

そして、背景やBGMの作用により、自分の夏休みの思い出を頭の中で甦らせながら

ゲームをプレイする事で、より夢中になる遊べるように作られています。

そんな夢中になっている間にゲームを遊んでもらうよう、資材集めの時間は短く設定されているのかもしれませんね!

 

まとめ


誰しもが持っているであろう、夏休みの楽しい思い出。

それを題材にし、まずアプリへの第一歩とし、期待を裏切らない雰囲気作り。

そして、いい意味で裏切ってくれるストーリーを持った

COCOSOLA Inc.さんの【ぼくらの秘密基地】を 第14回の今回は、紹介させていただきました。

 screen568x568

楽しい夏の思い出がある方や、秘密基地作ってみたかったんだよなーという方。

そして何より、『アルパカ兄さん』ファンの方は、下のアイコンよりアプリをダウンロードして遊んでみてくださいね!

 btn_google     btn_apple


この記事に関するご意見、ご感想はとしおのTwitterアカウント(@toshio_to)までどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

Toshio

Toshioライター

とあるゲーム会社でスマートフォンアプリのプランナーをしているとしおです。主にスマホ関連のレビュー記事や自前の企画をここで発表していきたいと思っています。誰か一緒にゲーム作ってください!!ちなみに、最近ダイエットとして筋トレと縄跳びを始めました!

この著者の最新の記事

関連記事

Languages

ページ上部へ戻る