【としおのアプリレビュー】ビビりの俺が、ホラー系アプリ【仄暗い井戸の底から】をやってみた!

仄暗いキャッチ

 

夏と言えばホラーですが…ビビりで、心霊スポットや、ホラー系は苦手な、

CreativeFreaksブログ ライターのとしおです。

しかし、ホラー系映画やお化け屋敷などは、どの様に脅かしてくるのか、

もしくは一緒に見ている人がどんなリアクションをするのかが気になって

そしてそれがとっても面白くて、つい見たり入ったりしてしまいます。ドMかもしれません。

 

【仄暗い井戸の底から】


さて、そんなビビりで、ドMな僕が、

第13回の今回紹介させていただくのは、

DOTCHI.INC さんのホラー系育成アプリ【仄暗い井戸の底から】

 icon_340

アイコンにはしっかりと、

“ホラー”

と書かれていますね!この時点で既にビビります・・・。

『呪いのアプリ』がもし現実にあったとしたら、

こんなアイコンしてるんじゃないかというほど、雰囲気ばっちりです。

ホラー感がしっかりと表現されているためプレイ前から期待という名の恐怖が襲いかかってきます。

 

井戸の底に何かいる!


このアプリは、ある山奥にある井戸を青年(プレイヤー)が偶然見つけてしまい、

更にその井戸の中に住む”何か”を、見つけてしまいます。

IMG_2065      IMG_2067

その”何か”がなんなのか、それを確かめるべく

その”何か”との親密度を上げ、ストーリーを進めていくことになります!

井戸の周りに居座るカラスやネコをスワイプで追い払い、

 鴉回収

井戸の周りに何故か落ちているお菓子を集めて、

 お菓子

そのお菓子を井戸の中に放り込んであげる事で、

井戸に住む”何か”との親密度を上げる事ができます!

 IMG_2086     IMG_2076

親密度を最大まで上げると、ストーリーが少しずつ進んでいき

井戸以外にも、謎の岩がある池や、

勝手に汚れる不気味なお墓があるエリアなどに、移動することができるようになります。

 IMG_2084     

謎の岩がある池では、手前の石を奥にある岩に当てる事で

怪奇現象が起きるため、石を当て続け怪奇現象を起こしたり、

 投石

不気味なお墓があるエリアでは、お墓を綺麗にすることで怪奇現象をが起こったり、

IMG_2171     IMG_2174

お墓にお供えものを置くことで、特別なお菓子をいただく事ができます。

 IMG_2175     IMG_2176

それぞれのエリアが、それぞれ異なる不気味さを放っていて

このアプリを開いている間は、ホラーの世界にどっぷり浸かる事間違いなしです!

それはもう、とっても怖いです…。

 

怖い…けど気になる。それがホラー。


冒頭でも述べましたように、

私としおは、どちらかというとビビりでホラー苦手タイプです。

このアプリ、通常プレイ中の絵やBGMですら、既に怖いです。なんならアイコンが怖いです。

BGMやその他音においては、注意事項として書かれるレベルですし、イヤホンでプレイするとなおのことです。

 IMG_2075

また親密度レベルアップの際には『お友達』という名の、あの世の方がお見えになります。

 お友達1     お友達2

この『お友達』は、『くる…』とい文字とともに、現れた事を示してくれるのですが、

この『くる…』という文字だけなら、20代男性の私ですから、耐え抜くことは容易です。流石にそれだけではビビりません。

しかし、これにホラー的な演出&音楽が加わると、「うおっ!びっくりしたぁ…」と声を上げて驚かざるを得ません。

 IMG_2077     IMG_2078     IMG_2092

画像では大変わかりにくく、大変申し訳ないのですが、

この「くる…」という文字が、不規則に動き回るのです。

2~3回となると流石に慣れてくるのですが、それでもやはりドキッとしてしまいます。

また、その例の『お友達』も、初登場となると演出がついてくるのです。

これまた霊真っ盛りな、ご尊顔です。

 IMG_2094

このお方が、よもや画面を飛び出すのではないか、

飛び出した挙句、私の背後に現れ、肩をたたくのではないかと、

書くだけで既に、怖くて後ろが向けなくなってしまう様な演出で、

そんな事が実際に起こるのではないかと思ってしまいます。

というより、感じてないだけで、出てきてます。きっと。

 IMG_2100

そんなホラー演出が満載で、正直何度もプレイを中断しようと

「もう開かぬ!」と心に難く決意したとしても、

井戸の中にいる”何か”の存在がとても気にかかり

「大丈夫…もう慣れた。もう大丈夫。」と震える手を抑えながら

ストーリーを進めるため、親密度を上げるためにアプリを起動してしまいます。

 

まとめ


第13回の今回は、ホラー作品としての世界観を、ストーリー、ビジュアル、音、演出でしっかりと表現し、

後半に行くにつれ、だれてしまいがちな育成アプリの中に、

ホラー作品ならではの【怖いけど気になって見てしまう】という部分を取り入れ、

継続プレイ、継続起動への導線としている、DOTCHI.INCさんの『仄暗い井戸の底から』を紹介させていただきました。

 IMG_2064

暑い夏ですし、少しでも涼しさを求めたいという方や、ホラー作品大好き!という方

ホラーは苦手だけど、育成ゲームならまぁやってみるか…という方はアイコンよりアプリをDLしてみてくださいね!

 btn_apple


この記事に関するご意見、ご感想はとしおのTwitterアカウント(@toshio_to)までどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

Toshio

Toshioライター

とあるゲーム会社でスマートフォンアプリのプランナーをしているとしおです。主にスマホ関連のレビュー記事や自前の企画をここで発表していきたいと思っています。誰か一緒にゲーム作ってください!!ちなみに、最近ダイエットとして筋トレと縄跳びを始めました!

この著者の最新の記事

関連記事

Languages

ページ上部へ戻る