CV募集企画の趣旨について


私たちクリエイティブフリークスは、元々は同人サークルぺたぺた組というCGサークルを母体にしていました。
クリエイティブフリークスというのは複数の同人サークルが集まって活動するためのウェブサイトの名称であり、団体としての呼称だったのです。

私たちの当時の主戦場はコミックマーケットでした。

初代ねんしょう!の主演声優は佐藤みるくさん、同人作品を中心にご活躍されている方です。

また、初代走尾結希役のみみ。さん、躯河鞠花役の胡桃ひなさん、いずれもアマチュアを母体に活躍されている方々です。

私は家庭用ゲーム機のソフトウェア開発会社でデザイナーをやっていた人間ですが、同人ソフト・個人開発のアプリというところから、企画やプロデュースという、デザイナーという立場上、会社では経験することができないお仕事の経験をこのクリエイティブフリークスという社外環境の中で経験させて頂き、現在はそれを肩書にすることができるようになりました。

iOS版担当プログラマみきひさ氏は趣味でプログラムを嗜んでいた方で、プロとしての経験はありません。
ですが、今では立派なプロとして活躍する人材に成長しました。ぺたぺた組のころからの初期メンバーで、クリエイティブフリークスは彼の活躍なくしてありえません。

ねんしょう!の魅力的なキャラクターを生み出してくださった絵師の小野寺は元々は私と同様にプロの現場で働いていた人材です。今は会社は退職されて、半育児休暇中の身の上ですが、空き時間を作ってはねんしょう!の運営に尽力してくださっています。育児の大変さは多少なりとも経験があるので、あの環境下でよくぞ・・・と、ビックリさせられることばかりです。

クリエイティブフリークスのC〇O(笑)であり、Android担当プログラマのGamekozoさんも常にプログラムを書いているような方です。仕事早すぎていつもこちらが遅れてしまうほどです。私の心のお師匠様です。ぶっちゃけ私よりも圧倒的に豊富な経験や人徳をお持ちの方なので、もし会社にできる日が来たら社長やってくださいって半分本気でお願いしたことがありますが、見事に断られましたwそれにしてもいつ休んでるんやろ・・・(汗)ホントにすごい方です。

何が言いたいのかというと、プロアマの壁は確かにありますが、モチベーションや熱意は作品に乗り移り、予想もしていなかった結果をもたらすことがある。ということを言いたいのです。

たとえば、ねんしょう!for Girlsが話題になった時に実感しましたが、あれはまさにバタフライエフェクトでした。
ねんしょう!ユーザーのたった一つのつぶやきが私たちやプロダクトの運命を変えてしまったのです。

私たちは皆様のおかげで多少なりともお仕事や機会を創出できる立場になりました。

私たちのチームの運営基盤は決して強固ではなく、まだ些細なことしかできません。
正直なところ運営しているだけで手いっぱいです。

ですが、多少なりともバタフライエフェクトを起こせる環境を与えられた以上は、可能な範囲で世に御恩返しをしてまいりたいのです。

ねんしょう!for Girls から、ねんしょう!2+ への流れを見ていてくださっていた方は多分、
クリエイティブフリークスはこれからプロ声優以外起用しないんじゃないの??

と、思われた方も多いと思います。

そんなことはありませんし、私たちは初心を忘れず今まで通りにやって参りたいと考えています。
※結果としてプロの方が選ばれる場合はそれはやむを得ないこととお考えくださいませm__m

ユーザーの皆様と御一緒に、コミケから出発した個人経営チームならではの運営方法を駆使して、普通の企業では実現が難しい、新しい試みにドンドンチャレンジして参りたいと思っています。

一言で言うと・・・もっと夢がある企画にしたいんですw

この機会を通じて素晴らしいアクターの方と巡り合えることを心より楽しみにしております!

クリエイティブフリークス
プロデューサー

ふぃぐま拝(figma@CreativeFreaks)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ふぃぐま

ふぃぐまExecutive Producer

スマートフォンアプリ、ねんしょう!シリーズのプロデューサーです。
企画・プロデュース、ディレクション、脚本、デザイン、その他雑用など担当しています。

この著者の最新の記事

関連記事

Languages

ページ上部へ戻る